top of page
シャルマン 銀座並木通り

Vol.5

「シャルマン 銀座並木通り」スタッフが聞く
i-EXECUTIVEシリーズの新コレクション「Rivolto」

新コレクション「リヴォルト」がリリース

長谷川:

アイ・エグゼクティブ シリーズに、新たなコレクション「リヴォルト」がリリースされました。
本日は「リヴォルト」の魅力をお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。

​梅岡:

よろしくお願いいたします。

長谷川:

これまで「ブリオ」コレクション1本にしぼった展開で、シンプルでスマートな印象だったアイ・エグゼクティブ シリーズに、どこか力強さを感じる「リヴォルト」コレクションが加わった事でデザインの幅がぐっと広がった印象を受けますね。

​梅岡:

広がったと言うより元々想い描いていたアイ・エグゼクティブの世界観がこの「リヴォルト」のリリースでやっとカタチになりました。

​長谷川:

アイ・エグゼクティブの世界観とはどのようなものですか?

梅岡:

アイ・エグゼクティブは「ブリオ」と「リヴォルト」の対照的な2つのコレクションで構成しています。
「ブリオ」の着用者イメージは〈知的でスマートな現代人〉。自由な発想で身軽に行動するクリエイター気質な男性で、あまり物を持たず、ナチュラルヘアでリラックスしたスタイルの人物です。
対して「リヴォルト」の着用者イメージは〈バイタリティ溢れる先導者〉。向上心の高いアグレッシブなビジネスマンで、こだわりの革靴や腕時計を身に着け、ヘアスタイルもバチっと決めた人物です。

アイ・エグゼクティブの思い描く人物像

長谷川:

同じシリーズ内でも異なるユーザーを想定している訳ですね。

梅岡:

そうですね。それぞれ印象が違うので、シーン毎に使い分けて違った自分を演出して頂くのもいいいですね。

​梅岡:

細部までディテールをつくりこむ事で、強いこだわりを感じるデザインに仕上げています。

長谷川:

お店で既に人気のXL11108のこだわりポイントはどこですか?

「リヴォルト」コレクションこだわりのデザイン

長谷川:

新作の「リヴォルト」は、どこに力を入れられましたか?

​梅岡:

ヴィンテージフレームを彷彿とさせる肉厚6mm弱のプラスチックフロントは、透明ベースに色付けする事で軽やかな印象にしています。

そしてテンプルはもちろんエクセレンスチタンを使用し、軽い掛け心地に仕上げています。

​梅岡:

XL11104は滑らかな曲線のブローバーとレコードリムを重ねた二重構造です。

ブローバーとヨロイに段差を付けた躍動感のあるフォルムで、顔にメリハリを与えます。

長谷川:

とても複雑な構造ですね。

長谷川:

肉厚なボスリントンって、雰囲気があってお洒落な方に不動の人気ですが、硬くて重くて掛けると疲れるモノが多いですよね。このXL11108なら、軽い掛け心地なので“お洒落は我慢”と頑張らなくとも、快適にずっと掛けていられそうですね。

そして、このXL11104は、カタチが特徴的ですよね。