top of page
シャルマン 銀座並木通り

【眼鏡とレンズのお話】Vol.1 眼鏡の基礎知識

更新日:2023年10月11日


意外と知らない、眼鏡やレンズの正しい知識を得ることは、ご自身の目や視力をいたわることに役立ちます。健康で快適な視生活を送るための参考にしてみてください。



Vol.1 眼鏡の基礎知識

ご使用のメガネを長く快適にご使用頂くには、正しいメガネのご使用方法やお手入れが重要となります。長くご愛用頂くためのコツをお伝えいたします。



1.眼鏡の掛け方・外し方・置き方​

 

眼鏡の掛け方

メガネを掛けるときは、両手でテンプルを優しくお持ち頂き、こめかみから顔に合わせて差し込み、耳にしっかり掛かるように耳のトップの位置で押し込むと安定します。

眼鏡の外し方

メガネを外す場合も両手で行ってください。 両手で優しくテンプルを持ち、上方向に持ち上げ耳の後ろ側を浮かせます。そのまま真っ直ぐ前にひきながらお外しください。 片手で外してしまうと、片方だけに広がる力が加わってしまいテンプルの片開きを起こしてしまいます。 テンプルの片開きが起こると見え方の違和感やメガネの破損や故障の原因となります。


眼鏡の置き方

レンズ面を上面に来るようにして頂き置いてください。 レンズ面が置いた面に接触してしまうとレンズの傷やコーティングの剥がれに繋がります。 ご使用後はケースにしまっておくのが宜しいでしょう。


2.眼鏡の日常のお手入れ方法

 

①まずは、水洗いをしましょう

水道水でレンズ表面のチリやホコリなどの異物を洗い流します。 この時に気を付けて頂きたいのはお湯ではなくお水で洗い流してください。熱いお湯などで洗ってしまうとコーティング剥がれの原因となります。


水で落ちにくい、油などの汚れがついてしまった場合は・・・

ボールにお水を張り、中性洗剤を入れその中でメガネを洗っていただくと油汚れ等に効果的です。酸性・アルカリ性の洗剤はコーティングを痛めてしまうのでご注意ください。


②優しく水気をふき取りましょう

ティッシュペーパーや柔らかい布で軽くレンズ面の水気を押さえるように拭き取ってください。

③きれいなメガネ拭きや布で、レンズを拭きましょう

レンズの上下を指で固定し優しくレンズ面を拭いてください。



閲覧数:112回

Comments


bottom of page