top of page
シャルマン 銀座並木通り

Vol.3

「シャルマン 銀座並木通り」スタッフが聞く

新作「ジュエリーフレーム」に秘めた細部への拘り

ついに発売ジュエリーフレーム2023SS モデル

門馬:

いよいよ発売する、ラインアートの新作ジュエリーフレーム。

その魅力をデザイナーの乾さんにお覗いしていきたいと思います。

​乾:

よろしくお願いいたします。

門馬さんの顧客様にはジュエリーフレームご愛用者が非常に多いとお聞きしています。

門馬:

以前、ジュエリーショップの多い御徒町のメガネ店に務めておりましたので、周辺店舗との交流の中で宝石について色々と勉強させていただきました。その経験を活かしジュエリーフレームをお求めのお客様を対応させていただいております。

​乾:

なるほど。そういう事だったんですね。

門馬:

銀座はジュエリーの需要が特に高いエリアですので、ラインアートのジュエリーフレームも大変ご好評頂いております。

顧客様も私自身も新作を心待ちにしておりました。今日はたっぷりお話をお聞かせ下さい。

門馬:

今回も素敵なラインナップが揃いましたね。全て乾さんがデザインされているのですか?

​乾:

担当デザイナーは私ですが、ジュエリーフレームの制作には、フレームに加えて、宝石や土台のパーツの作り込みから設計など、様々な専門家の知見が必要で、それぞれの視点からの知見と技術を結集して一つのメガネのデザインを完成させていきます。ですので、私はチームデザインのような感覚で捉えています。

門馬:

なるほど!様々なプロフェッショナルの英知の結晶なんですね。

乾:

少し大げさに聞こえますが、そんな感じです( 笑)